カスタマーサポートサービス 0120-72-3180

マチュリタとは

イタリア語で「成熟」「円熟」をあらわす女性名詞。

マチュリタというブランド名には、大人の肌が求める本格的なエイジングケアを提案したいという思いが込められています。また、パッケージにデザインされたカトレアも同じ花言葉を持っています。

エイジングケアに必要なのは、“届ける”にとどまらず“高め、守る”ことだとマチュリタは考えます。

そのために、大人の肌に必要なものだけを徹底的に研究し、皮膚科医の監修の下、化粧品原料の研究開発者とコラボレイト。最新のコスメサイエンスを駆使した高機能性分を厳選し配合しています。

マチュリタは、「整える」「高める」「持続する」3つの基本アイテムによるミニマムなお手入れを実現します。

革新的な成分と日々のお手入れの相乗効果が、使うたびに肌本来のハリと潤いを取り戻し、密度が高く肌色が冴える「端正な肌」へ近づけていきます。

美肌賢者が語るマチュリタへの想い

「揺らぎがちな肌が克服できたのはマチュリタのおかげです」

宝塚の舞台はきらびやかで明るいのが信条でしたから、舞台照明は他の舞台と比べ、大変強いのが特徴です。華やかな反面、強い照明の光は、肌にはとても負担なんです。その環境で15年近く舞台に立ち続けてきましたし、ハードな舞台メイクもしていましたから、肌はとても酷使されていたと思います。実際、肌のコンディションは崩れがちで、合わない化粧品もありました。宝塚時代から、友人知人などからいろいろと化粧品を紹介いただき試してきましたが、なかなか継続して使えるものがなかったというのが正直なところです。そんな時に出会ったのが「マチュリタ」でした。ダメージがあるときにも使えるのはとても頼りになりますし、ベタつきや乾燥が混在していたアンバランスな肌状態が改善。肌の調子が整っている! と実感する日が増えたのも、マチュリタのおかげ。今では、一番のお気に入り化粧品です。

渚あきさん 女優・タレント・歌手

1988年、宝塚歌劇団入団。2001年に星組の娘役トップスターに就任。誰もが認める演技力と涼やかな存在感で観客を魅了し続けた。2003年3月の退団後は、テレビ、舞台、ディナーショーなど、幅広い分野で活躍中。

オフィシャル HPオフィシャル blog

「素肌に不可欠な成分がたっぷり。これなら未来の肌を託せます!」

日本国内には、約6,000を超える化粧品メーカーが存在します。それらメーカーが販売している化粧品は星の数ほど。その中から、わたしたち消費者は、ほとんど嗜好で化粧品を選んでいます。わたしの場合、その使用者が多くのお客様となるため、常に作り手の考え方や、使っている成分へのこだわり、そして肌への優しさを選ぶ際の決定打にしています。配合成分の中でも重要視するのがビタミンC。サロンワークでも美肌づくりに不可欠な成分です。というのも、ビタミンCは、美白、抗酸化、コラーゲン生成促進など、肌に対して多角的にアプローチしてくれる美肌のマルチ成分だからです。もちろん、エイジングケアにも不可欠な成分。ですから、そのビタミンCを肌に効く形で配合し、肌のことを第一に考えて開発に取り組んでいる「マチュリタ」の製品を愛用しています。日常、肌に使うものであり、現在だけでなく未来の肌を託す化粧品だからこそ、こだわりを持って選びたいものですね。

久山奈津さん ジャパン・スーパー・コスメトロジィ株式会社代表取締役

某大手サロン勤務、退社後、あらゆる方面から美容全般を研究、技術習得。全国サロンへの技術指導をはじめ、まつ毛のエクステ技術を企画、開発するほか、マスカラなど化粧品の開発も手掛ける。大阪心斎橋、西梅田、東京丸の内に3店舗を展開するサロン「ル・キヤ」代表。

ル・キヤ HP

TOP
個人情報保護方針/特定商取引法に基づく表記